社長挨拶

佐藤 敏彦

チャレンジ精神を原動力に、
高機能・高付加価値のマイクロデバイス製品を
創出していきます。

シチズンファインデバイスが力を発揮する領域は、小型精密・高精度・高精細が要求される機能部品領域です。そして、長年築き上げてきた独自の技術を生かして、高付加価値のマイクロデバイス製品を提供し続けていくことが当社の使命と考えています。

時計のモノづくりをルーツとする小型精密部品を生み出す金属加工技術を生かし、工程設計から加工・組立・機能テストまで一貫した生産ラインと自社製加工機の独自開発により、小型・高精度部品を長年にわたりお客様に供給してきました。

また、脆性材料を使い高精度で効率よく部品を量産することも当社独自のコア技術です。 材料技術に超精密加工技術、薄膜技術、接合技術、組立技術などを融合させることで、セラミックスや水晶などの高精度部品はもとより、液晶デバイス、センシングデバイスといった高品質な機能デバイス製品を生み出しています。 特に、L-COS(Liquid crystal on silicon)を採用した強誘電性液晶マイクロディスプレイは、すでに高品位カメラへの搭載が進み高い評価を受けています。 今後は車載用ヘッドアップディスプレイやヘッドマウントディスプレイなどの次世代ディスプレイシステムへ搭載される可能性が大きく広がっています。

さらに、圧電材料を使ったエンジン部分に使われる燃焼圧センサーは、車載化を目指し開発を進めており、排ガスのクリーン化や燃費効率アップにつながる環境製品として、自動車業界へのさらなる貢献を目指して取り組んでいます。 付加価値の高い製品を市場に提供し続けていくことは社員の大きな夢です。その夢の実現に向け一人ひとりのチャレンジ精神を原動力としたモノづくりで新たな価値創造に貢献していきます。

シチズンファインデバイス株式会社
代表取締役社長 関口 金孝