社長挨拶

近藤 隆造

シチズンファインデバイスは、
モノづくりをとおして“人”をそだて、
“価値ある製品”をつくり、
“ゆたかな未来”に貢献します。

シチズンファインデバイスは、50年以上の歴史を持つシチズンミヨタ(株)・シチズンファインテック(株)・シチズンセイミツ(株)の3社が2回の合併により誕生した伝統のある新しい会社です。

当社は自動車用小型金属加工部品・水晶振動子及び関連部品・セラミックス部品・強誘電性液晶表示マイクロディスプレイ・燃焼圧センサ・計測機器・モータの製造販売を行っており、多様性のある事業製品を展開しております。これらの製品を支えているのは当社が長年培ってきた小型金属部品加工技術・薄膜技術・脆性材加工技術・組立技術・封止技術といった当社独自のコア技術です。また、独自性を保つために自社開発による製造設備を使用しております。

当社の特徴としてこの様な多様性のある事業と技術があり、この多様性とその融合を真の強みとする事で対競合に対する優位性を築き、今後一層の成長に繋げていけると確信しております。

当社とお客様を取り巻く事業環境はかつて経験したことのないスピードで変化しています。当社の製品が、お客様の新しい価値の創出と成長を常に支える為に、絶え間ない進化にスピード力を持って対応していく所存です。

お客様本位の会社であると伴に、シチズンファンデバイスの最大の財産である、豊かな経験を持つ“人”を活かせる会社を目指してまいります。

シチズンファインデバイス株式会社
代表取締役社長 近藤 隆造