「オオルリシジミって?」

絶滅危惧種”オオルリシジミ”の保護活動

  • 各地で絶滅状態に
  • 国内では長野県と九州の阿蘇にしか生息していない
  • 絶滅危惧Ⅰ類に分類される
  • 年1回の発生で成虫は約2週間の命
  • 食草クララが生息に不可欠

カテゴリー(ランク)の概要

絶滅 (EX)
我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
野生絶滅 (EW)
飼育・栽培下でのみ存続している種
絶滅危惧I類 (CR+EN)
絶滅の危機に瀕している種
絶滅危惧IB類 (EN)
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
絶滅危惧II類 (VU)
絶滅の危険が増大している種
準絶滅危惧
(NT)
現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」
に移行する可能性のある種
情報不足
(DD)
評価するだけの情報が不足している種
絶滅のおそれのある
地域個体群 (LP)
地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

上記表の が絶滅のおそれのある種(絶滅危惧種)



オオルリシジミの周年経過と代表的なチョウの周年経過の比較

一般的なチョウは1年で4~6世代発生しますが、オオルリシジミは1年に1世代しか発生しません。