デジメトロン
[IPDシリーズ カウンタ]

IPD-CC1

IPD-CC1
  • DIN48×48の小型カウンタ
  • 全機種に合否判定出力を搭載。BCD出力、RS-232C出力タイプも用意しています。
  • 7ランク仕分け、ピーク測定機能など便利な機能を搭載しています。
  • EMC指令、RoHS指令 対応機

IPD-SC1R

IPD-SC1R IPD-SC1R

親機に15台の子機を連結できます。RS232Cを親機とのみ接続することで、すべてのカウンタから計測値の読み込みや各種の指令を行うことができ、システムの簡略化が可能です。

  • 1msec周期最大2048データの高速ストレージ

    個々のカウンタが内部メモリに最大2048個の測定値を保存できます。最高1msec周期でストレージが可能。ストレージ後にRS232Cで外部に出力できるため、形状測定などに利用できます。
  • 複数カウンタの測定値をシンクロストレージ

    外部からのサンプリング指令は、複数のカウンタ間でハードウェアにてシンクロしており、同時タイミングでストレージすることが可能です。また、グループ化により複数のグループに分けて別々のタイミングで制御することも可能です。
  • 複数カウンタの測定値を自由に四則演算

    親機では、複数の検出器の測定値を演算し、表示やデータ出力することが可能。例えば、3台の測定値の平均や16台の総和などを求めることができます。また、演算方法を選択することで複数の測定値の最大-最小を求めることも可能です。また各検出器の測定値に定数の設定をすることができます。
  • EMC指令、RoHS指令 対応機

IPD-FCC*/*

IPD-FCC*/*

2つの検出器による和差演算機能(2chタイプ)や、振れ/偏心の測定に便利なピーク測定機能を搭載しています。

全機種に合否判定出力を搭載。BCD出力、RS-232C出力タイプも用意しています。

測定条件、公差設定値などを上段・下段それぞれ7種類まで記憶できます。

動画でわかるパラメーター設定方法