職種紹介

製 造

製造部門では、より多くのお客様に、愛着を持って末長く使用していただくために、高品質・高性能を目指し、安全で効率的な製品づくりに努めています。さらに、技術の継承と働きがいのある職場構築のために、製造部門全体で目標、情報、知識、技術を共有、連携し、誇りある製品づくりと価値創造に向けてまい進しています。

生産管理

生産管理部門は、お客様が求める納期、品質、コストを守るために、どこで、何を、いつまでに、いくつ作るのか、といった製造現場での業務を行います。さらに、計画通りに生産が進んでいるかの進捗管理、決められたコスト内で作られているかの原価管理、在庫数を調整する在庫管理なども行います。ときには、定量的な管理だけでなく、良いものづくりとは何かを考慮することも必要なので、幅広いスキルが求められます。

開 発

開発部門では、精密加工、精密組立の技術を深く追求し続け、様々な技術分野を拡張してきました。これら多岐にわたる固有ノウハウと技術を活用し、次の柱となる新規事業化を目指して製品開発に積極的に挑戦しています。さらに、開発を進めるうえで開発者の熱意が最も大切であると考え、社員の発想を生かす環境づくりにも努めています。 【技術分野:切削技術、プレス技術、研削・研磨技術、放電技術、材料技術、接合技術、薄膜技術、自動化装置技術等】

製品設計

製品設計部門は、お客様や市場が求める特性を満たしつつ、安定した生産が可能な製品を設計する業務です。設計する際は、まず要求される製品の特性を見定め、形状、大きさ、電気的、光学的など求められる特性を満たす構造を検討し、特性がクリアできると判断できたのち、組み込み性などを考慮して、設計、試作を行います。試作と耐久試験を何度か繰り返し、製品を完成させていきます。

生産技術

生産技術部門は、新製品の開発(製品・工程設計)、装置の設計、治具(じぐ)の設計、装置のメンテナンス、工程改善、歩留り(ぶどまり)向上、生産性向上、部品/製品コストの削減、品質向上など、多岐にわたる分野で当社の製造業を支えています。開発から生産まで一貫してものづくりに携わることができ、さらに、お客様と話す機会も多いため幅広い知識も必要ですが、業務を通じてさまざまなスキルを身に付けることができます。

品質管理

品質管理部門は、製品を世に出すメーカー企業のなかで重要な役割を担っています。新製品の企画がスタートした時点から、生産、出荷、そして製品としての役目を終えるまで、つまり廃棄までが、品質管理の責任範囲と考えています。品質だけではなく環境への負荷も管理、監視しなければなりません。環境問題を含めた品質を保証するため、開発・設計段階に関与し、製造保証が可能な生産方法を立案展開することもあります。

営 業

営業部門は多岐にわたる分野の製品販売を担当します。複数の製品を扱うので、幅広い知識が要求されます。社内においても、技術や生産管理などと密に連絡をとりながら仕事を進めるので、対外的、対内的な展開力と調整力が必要です。また、海外とのやりとりも多く、ある程度の語学力(主に英語)が要求される部門です。

人 事

人事部門は、会社や組織内での「人」に関わる業務のすべてを行い、担っている役割としては、「人材によって組織を発展させること」です。社員が能力を最大限発揮するための仕組みを創る人事企画の仕事や、必要な人員を採用する採用活動、スキル向上のための教育・研修関連、諸制度の仕組みづくり、社会保険管理、勤怠・給与管理、福利厚生業務などを行う労務管理等があります。幅広い専門性と、柔軟なコミュニケーションスキルが要求される部門です。

経 理

経理部門は、会社の現在の経営状況を財務諸表にまとめることが主な業務です。財務諸表を作成するために、会計原則に則って、日々の取り引きを記録しています。また、税金を納める手続きや資金繰りの計画を立てること、製造原価を計算することも重要です。財務情報を分析し、経営の改善すべき点の方向づけをし、自社をより良い財務体質へと導くことができるよう努力しています。

情報システム

情報システム部門は、システムの開発や運用支援を行う「基幹系」の業務と、ネットワークやサーバー、メールなどの情報インフラの管理を行う「情報系」の業務に大別されます。基幹系は、対象業務のIT化を行い、業務の効率化や業務品質の向上のほか、標準化、省人化を図ります。情報系は、主に全社のネットワークと情報機器(サーバー、PC)の維持管理、IT環境(効率、セキュリティー)の改善に取り組んでいます。