早川 恵太

将来のための仕事を考えることも営業の役割

所属
営業部 自動車機器課
氏名
早川 恵太
入社
2012年入社
出身学科
経済学部卒

志望動機

日本のものづくりに憧れを感じて

シチズンファインデバイスが目指す”ものづくりで世界一を目指す”というビジョンに共感したことがものづくりの会社を志すきっかけとなりました。私は文系で就活当時ものづくりは畑違いかと思ったこともありましたが、説明会に参加した際に様々なスタッフによってこのモノづくりが支えられていることを初めて知り、私もそのスタッフのひとりとして強みの積極性を武器に営業の仕事をやりたいと思ったことが志望動機です。

仕事内容

いかに付加価値をつけた製品づくりをするか

営業と聞くと「カタログや商品を持ってすでに完成された品物をお客様に売り込む」・・そんなイメージを持つかと思います。自動車部品の営業はちょっと違い完成された品物を営業するのではなく、「これから量産する加工技術、市場に出回る品物をいかに作るかの技術」を売り込む、これが私の主な仕事内容です。自動車部品の営業は、いかに付加価値を付けるのかがキーポイントになります。どうやってお客様の難しい要求・期待に応えていくかが、営業の重要な仕事だとも言えます。 見積もりもただ単純に価格だけの見積もりを出すのではなく、そこに+αをつけ、お客様と折衝し、更なる提案を加え“シチズンファインデバイスでしかできない仕事”に持っていくことが、営業の腕の見せ所です。

仕事の面白さ・やり甲斐・成功体験など

希望職場とは違う職場へ配属・・・

今は営業部で自動車事業の営業の仕事に携わっておりますが、入社当時の私の配属先は製造部またその後の異動先は経理課でした。入社当時営業の仕事を志していた私にとっては、非常にショックで、モチベーションを保つことに苦労したことを今でも覚えています。しかし、今振り返るとその経験が営業の仕事をする上で、顧客と自社のWIN-WINな関係をつくる営業活動のベースとなっていることに気が付きました。遠回りだとと思っていましたが、結果としては自分自身の幅を広げられる良い機会となりました。現在では様々な角度から営業の仕事に向い、入社当時思い描いていた営業の仕事を進められています。

キャリアプラン

スペシャリストよりジェネラリスト

私が担当している自動車部品事業の弊社の強みは”一貫生産”です。 材料の調達、切削、熱処理やメッキ、組立、また顧客獲得から販売まで全て行っています。だからこそ、様々な職種が弊社にはあります。その全てを知ることはできないかもしれませんが、営業でも製造の事を知っている、営業でも経理の事を知っている、という事は結構使える知識になるんです。 まだまだ勉強中ですが、もっと色々な仕事を経験して、会社を引っ張っていけるジェネラリストを目指したい、と考えています。

学生の方へのメッセージ

逆境をチャンスに!

文系出身である私は、製造業界の専門用語や機械の事はサッパリ「???」な状態で、
この会社で働いていくことが少し不安でした。 しかし、入社後の研修や実習で製造についての知識を養うことができました。 当然ですが、弊社には文系出身者も多く、様々な職場で活躍しています。 もちろん仕事はラクな事ばかりではありませんが、仕事に対する熱意があれば 学歴や文系・理系なんて関係ありません。 あえて自分の知らない世界に飛び込んでみたい、色々な分野の知識を持った人たちと仕事をしたい、という方は、ぜひ弊社の門を叩いてみてください。

1日の業務スケジュール

8:00 出社、メール、当日の業務内容確認
8:30 全体朝礼、課ミーティング
9:15 デザインレビュー1(新製品検討会)
10:30 会議(事業部との業務効率改善活動)
12:20 昼食、職場清掃
13:00 製品教育受講(別部門の製品知識習得)
15:00 お客様対応(数量見通し確認、納期調整、アポイント取り、各種問い合わせ対応)
18:00 新規案件の見積書作成~提出
19:00 出張準備(資料準備、社有車手配、ホテル予約等)
19:30 退社