中野 宏樹

幅広く活躍するエンジニアを目指して

所属
自動車機器事業部 技術部 生産技術課
氏名
中野 宏樹
入社
2006年入社
出身学科
工学部機械工学科卒

志望動機

スタート出遅れてしまったけど

当初自分の進路に迷いがあり就職活動に出遅れていました。 企業分析・自己分析を終え迷いもなくなった時にはまわりの学生たちからは完全に出遅れてしまっていて、焦って大学の就職センターにて駆け込みました。そこで出会ったのがシチズンファインデバイスでした。 シチズンファインデバイスでは多くの加工技術があり今まで学校で学んだ知識を生かすことが出来ることと、触れたことのない技術があるのではないかという興味をかきたてられ、入社試験を受けることを決意しました。

仕事内容

最後の砦としての役目

私の仕事は生産技術で担当工程は自動車のABS部品の性能検査になります。 性能検査は、自動旋盤にて加工された製品を熱処理・表面処理を得て出来上がってきた部品の最終の検査になります。 ABS部品では万が一の時に機能不具合が起きてしまうと重大な問題となってしまいます。その為、この工程を流れる部品は全数検査を行い保証をしています。いわば最後の砦の役目です。 お客様から求めらている性能を満足し、良い製品を作り続けるように設備の設定・条件を確立させることが重要です。新規に条件出しを行ったり、現状の状態を維持・管理など目につき難いところで大変な部分はたくさんありますが、非常にやりがいがある仕事です。 注) ABS: Anti-lock Brake System

キャリアプラン

求められるステージを広げて行きたい

担当工程においての技能を高めていき、その工程の第一人者となり分らないことがないようになりたい。 そして現状では、検査工程を中心に業務を行っているが将来的には自動車事業の全ての工程の知識も習得し、幅広く活躍できるエンジニアを目指して行きたいです。 また技術的な知識だけではなく、品質保証・物流管理など違った観点から物事をとらえていけるようになることも課題だと思っています。

学生の方へのメッセージ

日々学び成長

学校で学んできた知識と実際仕事で必要な知識は別物だと感じました。 業務の中で日々学び、成長できることがたくさんあります。 私も就職する時に、関西から関東へ移動してきたのでいろいろと壁(習慣や言葉)にぶつかりましたが今ではすっかり馴染み気にならなくなりました。 また私は仕事で壁にぶつかったときには趣味などでストレス発散をしています。 ですから学生のうちから勉強だけではなく息抜きできる趣味を持つことをおすすめします。

1日の業務スケジュール

8:30 出社
メールチェック
打合せ(担当している職場メンバーと)
12:20 昼食
メールチェック
打合せ(品質改善の打合せ)
17:30 設計(検査を行う治具設計)
19:30 退社