田辺 健太

ものづくりの楽しさを伝えたい!

所属
精密機器事業Gr 精機部 精機1課
氏名
田辺 健太
入社
2011年入社
出身学科
工学部機械工学科

志望動機(200文字程度)

実際にモノづくりができる会社に入社したかった

もともとモノづくりが好きでした。大学時代も旋盤実習で実際にモノをつくる事の楽しさを確認しました。それからは大学時代に学んだものをそのまま活かし、実際にモノづくりができる会社に入社し自分で設計した部品や機械をつくりたいと思う気持ちが強くなりました。世の中に自分のつくったモノが役に立つことを想像するとワクワクとした気持ちになります。そんな思いを実現できる会社がシチズンファインデバイスでした。

仕事内容

機械を1から作り上げる。

精機1課での主業務は、社内工程での作業の合理化を図ること。製造した部品の検査機や、組立機、手作業で行っている作業工程を自動化する設備を作るのが私の仕事です。精機1課は「『モノをつくる機械』を作るところ」です。

どんな機械を作るかは現場からの要望によってきまります。

現場の製造スケジュールに合わせ、そのスケジュール通りに機械を作って納品する。機械を作るには機械の設計、電気の設計、加工・組立の工程があります。そのなかで私は主に加工・組立の工程を担当しています。

仕事の面白さ・やり甲斐・成功体験など

機械加工に出来ない精度

組立作業の中には”キサゲ”という作業があります。高精度な研磨機でも実現できない面精度を手作業で仕上げていきます。実はこの作業は作業者の技能が最も試されるものです。初めの頃は必要な精度を出すことが出来ず何度も何度も繰り返し作業を行いました。
ようやく精度を出せてもベテランの作業者と比べると見た目のきれいさも違いました。きっと部品の寿命も同じではなかったと思います。
今ではそれなりに上達して”キサゲ”も出来るようになってきていますが、まだまだ奥が深いです。それでも研磨機でも出すことが出来ない面精度を自分が手作業で実現させている事を考えると非常に誇らしくあります。

キャリアプラン

技能検定取得

入社当初は機械設計を希望していましたが、組立現場で先輩技能者の技能を肌で感じた時に素晴らしさにあこがれを抱きました。まずは機械の組立・仕上げで少しでも先輩技能者に近づいていけるようにと頑張っています。
配属3年目に、技能試験2級に合格しました。合格できたのも先輩社員の協力のおかげでした。今後1級にも挑戦し自分の力量を上げていきたいと考えています。まずは技能に磨きをかけて行きますが、自分の組立の経験を生かして機械設計にもチャレンジしたいと思います。

学生の方へのメッセージ

色々なことに挑戦できるのが楽しい。

シビアな精度が要求される自動車部品の設備は、1ミクロン、2ミクロンといった目では確認できない精度まで気を配る必要があります。少しの誤差も許されない高い精度の設備を作るかが問われます。その苦労の分完成した時の喜びも非常に大きいです。

また、職場の明るい雰囲気のおかげで先輩社員の方々に分からないことや困ったことを気軽に質問できるので本当に助かります。

1日の業務スケジュール

8:30 出社
朝礼
9:00 設備組立
12:20 昼食
13:00 設備組立
15:00 担当者会議
17:30 退社