生産技術部門

私はシチズンファインデバイスの一貫生産に魅力を感じ、選考を受けることにしました。いろいろなモノづくりの会社を調べましたが、材料を切り出すところから検査まで、色々な工程がある会社の方がおもしろそうだと思ったのです。また、もともと機械をいじるのが好きで、研究や開発よりも製造現場に密着した働き方が理想でした。生産技術とは、お客様と製造現場をつなぎ、製品の量産を支えるのが仕事です。現在はデスクワークよりも現場社員と仕事を進めることが多く、自分に合った働き方だと感じています。研究や就活などで忙しい毎日でも、趣味や今しかできないことを大切にし、自分に合った企業が見つかるように頑張ってください!

新製品の立ち上げ・試作・量産品の改善

私は『切削技術者』として、小型金属部品の二次加工工程を担当しています。前工程で材料から切り出した金属部品に細かな加工を施す工程で、日々、試作や見積もり、製品立ち上げ、不具合改善など多岐にわたる業務に取り組んでいます。
実は、学生時代は切削とは異なる分野を専攻していました。そのため、仕事を始めてからは困難な場面も多々ありますが、先輩方にすぐ相談できる職場環境・雰囲気のため安心して仕事に取り組めます。

学生の皆さんにとって、『仕事』とはどのようなイメージでしょうか?
私が働くモノづくりの現場では、飛び込みの仕事、つまり、予定していなかった急ぎの仕事が半分を占めます。やろうと思っていた仕事が後回しになってしまうことも多いので、締め切りに余裕があるものはできる時に進めておくようにしています。最近では、周囲にアンテナを張っていると現場での困りごとや改善依頼が聞こえてくることがあるので、そうした気づきがとても重要だと感じています。

キャリアプラン

目標は「切削技術者として一人立ちすること」。
現在、二次加工工程の切削技術者として働いている私ですが、いつかは大きく切削全般で活躍できる技術者になりたいです。まだまだ二次加工工程にもわからないことがあり、色々な方に教わったり、調べたりしながら業務にあたっています。切削の全てを理解することはとても難しいことだと思いますが、幅広い知識を持った技術屋を目指しています!