シチズンファインデバイスの働きやすさ

私は幼い頃からものづくりが好きで、自分の手で何かを生み出す仕事に関わりたいと思い、製造業への就職を決めました。特に、シチズンファインデバイスには、時代の変化を常に意識し、型にとらわれることなく新たなことに挑戦していく姿勢を感じて選考を受けました。また、結婚や出産などのライフイベントに左右されず、長く働いきたいと考える私にとっては、福利厚生が充実していることも、大きな決め手となりました。
就職活動は、自分自身を知る良い機会だったと思っています。「己を知る者は賢者である」という言葉通り、就活に強い人は自分を知っている人です。自分の長所や、苦手なこと、これまでの経験から学んだことなどを自分なりに整理することが大切だと思います。

数字の面から会社を支えています

経理部の仕事は大きく分けて2つあります。ひとつは会社の資金管理、もうひとつは経営状態の分析です。現在、私は資金管理を主な仕事として、シチズンファインデバイスが持っている口座の管理、購入した材料や経営にかかる費用の支払い処理などを行っています。会社を経営していくために欠かすことの出来ない「お金」を管理しているので、仕事の責任は大きいですが、会社を支えている実感が持てる仕事です。

また、業務の中で「人件費」の大きさを知って以来、無駄なく・効率良く仕事ができるよう、自分の業務で改善できる点はないか考えながら行動するようになりました。そこで、入力に時間がかかる請求書のテンプレートを作成したり、業務フローで変更できる点を探したりと、積極的に改善活動にも取り組んでいます。時間削減や品質改善は、個人の評価だけでなく会社の利益に繋がるので、現状に満足せず、より良いものへと変えていく姿勢を大切にしています。

 

キャリアプラン

今は先輩に頼ってしまう問い合わせにも、自分で対応できるようになるため、一度問い合わせされたことは自分の中に落とし込み、次からはしっかりと対応できるよう、これからも努めていきたいです。そして、将来的には「経理のことなら私に聞いてください」と胸をはって言えるようになりたいです。また、シチズンファインデバイスは社員のスキルアップをサポートする制度が整っているので、業務を通して経験を積むだけでなく、社内教育や外部セミナー等を積極的に活用しながら自身の知識を増やしていこうと思います。