生産計画と出荷までの進捗の追いかけ

私が製造業界に就職を決めたのは、生産したものが目に見えるというところに魅力を感じたからです。特にシチズンファインデバイスでは、時計事業で裏打ちされた確かな技術⼒を活かして多岐にわたる事業を展開しており、チャレンジングな社風にも興味がありました。また、就職活動中は、企業には、これからの社会で今以上の変化に対応できる力が必要だと考えていたので、シチズンファインデバイスであれば、その変化に対応して発展していけると感じたことが入社の決め手になりました。就職活動中は、とても不安でしたが、失敗を恐れず「やってみよう精神」で色々な業種のインターンや座談会に参加し、面接を受けました。そうすることで自信がつき、働きたいと思う会社に巡り合うことができました。就活は一期一会です。たくさんチャレンジしながら頑張ってください!

生産計画と出荷までの進捗の追いかけ

私の仕事は、生産計画の作成と出荷までの進捗の追いかけです。客先の納期(出荷日)と数量をもとに生産計画を立て、計画に遅れがないように製造の進捗をチェックします。管理部で楽しさを感じるのは、自分の部署だけではなく、ほかの部署の方ともコミュニケーションが取れるという点です。シチズンファインデバイスには職人さんやその道のプロ、個性豊かな方が多く、先輩方から沢山のことを吸収できます。

また、私が仕事をする上で心掛けているのは、現場に足を運ぶことと、メモをとることです。分からないことがあったときは、電話やメールだけで済ませず、なるべく製造現場に足を運んで解決しています。一見、効率が悪そうですが、製造現場の方たちに顔や名前を憶えてもらい、会話をすることは、製造現場と密接な関係を持つ管理部にとって、立派な仕事であると考えています。そこで聞けた貴重なお話はメモを取り、整理することも忘れずに行います。

キャリアプラン

現在は、後輩もでき、教えることも増えてきました。⼈に教えるには、⾃分も整理できていないといけませんので⽇々の精進が必要です。先輩⽅と同じようにとはいえませんが、少しずつ⾃分の考えや判断にも⾃信が持てるようになってきたと思います。 判断の裏には、今まで学んだこと、経験したことがベースとなっています。厳しくも愛情を持って接していただいた職場の先輩・現場の⽅々に少しでも恩返しできるように、もっとスキルアップしていきたいです。