営業部門

文系出身である私は、製造業界の専門用語や機械の事はサッパリ「???」な状態で、この会社で働いていくことが少し不安でした。 しかし、入社後の研修や実習で製造についての知識を養うことができました。 当然ですが、弊社には文系出身者も多く、様々な職場で活躍しています。もちろん仕事はラクな事ばかりではありませんが、仕事に対する熱意があれば 学歴や文系・理系なんて関係ありません。 あえて自分の知らない世界に飛び込んでみたい、色々な分野の知識を持った人たちと仕事をしたい、という方は、ぜひ弊社の門を叩いてみてください。

様々な職種を経験することの重要性

シチズンファインデバイスが目指す”ものづくりで世界一を目指す”というビジョンに共感したことが、ものづくりの会社を志すきっかけとなりました。私は文系で就活当時ものづくりは畑違いかと思ったこともありましたが、説明会に参加した際に様々なスタッフによってこのモノづくりが支えられていることを初めて知り、私もそのスタッフのひとりとして強みの積極性を武器に営業の仕事をやりたいと思ったことが志望動機です。

今は営業部で自動車事業の営業の仕事に携わっておりますが、その前は製造部と経理部。入社当時営業の仕事を志していた私にとっては、非常にショックで、モチベーションを保つことに苦労したことを今でも覚えています。しかし、今振り返るとその経験が営業の仕事をする上で、顧客と自社のWIN-WINな関係をつくる営業活動のベースとなっていることに気が付きました。遠回りだとと思っていましたが、結果としては自分自身の幅を広げられる良い機会となりました。現在では様々な角度から営業の仕事に向い、入社当時思い描いていた営業の仕事を進められています。

キャリアプラン

私が担当している自動車部品事業の弊社の強みは”一貫生産”です。 材料の調達、切削、熱処理やメッキ、組立、また顧客獲得から販売まで全て行っています。だからこそ、様々な職種が弊社にはあります。その全てを知ることはできないかもしれませんが、営業でも製造や技術の事を知っている、営業でも経理の事を知っている、という事は結構使える知識になるんです。まだまだ勉強中ですが、もっと色々な仕事を経験して、会社を引っ張っていけるジェネラリストを目指したい、と考えています。