文系でも大丈夫!新しい世界に挑戦できます

入社当初、経済学部出身の私にとって、機械のことや専門用語はサッパリ「???」だったので、本当に働いていけるのか不安でした。 しかし、いざ入社してみると、文系の先輩社員が事務以外の職場でも活躍している様子が見られ、安心した記憶があります。もちろん、ラクな事ばかりではありませんが、仕事に対する熱意があれば 学歴や文系・理系なんて関係ありません。 あえて自分の知らない世界に飛び込んでみたい、色々な分野の知識を持った人たちと仕事をしたい、という方は、ぜひ弊社の門を叩いてみてください。

“ものづくりで世界一を目指す会社”

シチズンファインデバイスの会社説明会に参加した際に、メーカーには実際の製造現場以外にも様々な職種があり、全員の力でものづくりが支えられていることを知りました。また、”ものづくりで世界一を目指す”というビジョンにも共感し、自分の強みである「積極性」を武器に、営業の仕事をしてみたいと思ったことが志望動機です。

しかし、入社して最初に配属されたのは自動車機器事業部の製造部でした。営業の仕事を希望して入社した私にとっては、非常にショックで、正直モチベーションを保つことに苦労しました。当時は営業と製造の仕事は全く関係ないと思いましたが、今振り返ると製造の経験は営業の仕事をする上で、顧客と自社のWIN-WINな関係をつくる営業活動のベースとなっていることに気が付きました。遠回りだと思っていましたが、結果としては自分自身の幅を広げられる良い機会となりました。現在では様々な角度から営業の仕事に向い、入社当時思い描いていた営業の仕事を進められています。

キャリアプラン

私が担当している自動車部品事業の弊社の強みは”一貫生産”です。 材料の調達、切削、熱処理やメッキ、組立、また顧客獲得から販売まで全て行っており、社内には本当に様々な職種があります。その全てを完璧に理解することはできないかもしれませんが、営業でも製造や技術の事を知っている、営業でも経理の事を知っている、という経験を武器に、会社を引っ張っていけるジェネラリストを目指したい、と考えています。