φ2mm以下の超小型磁石を、得意とする脆性材加工技術で、 確かな品質とともにご提供します。 サマリウムコバルト磁石メーカーの減少や高精度での対応力などでお困りではありませんか? シチズンファインデバイスでは高い対応力と精度でお応えします。

TOP > 磁石製品
磁石製品についてのお電話はこちら
御代田事業所 0267-31-1133 ※受付時間 8:30~17:30(土・日・祭日を除く)
磁石製品にお困りであれば一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム

長年の品質・技術の蓄積から、磁石特性のコントロールを熟知。
加工が難しいサマリウムコバルト磁石を高精度で仕上げます。     
一貫生産対応での豊富な知識からお客様への細かなアドバイスが可能です。

磁石の特性についての深い知識・経験

業界の中でもトップクラスの低価格

幅広い用途に合わせた対応力

材料粉砕・プレス成形・焼結・加工・検査と長年培った技術と技能                   お客様のご要望に最大限対応いたします。

小さすぎて対応出来ないことや、取り扱いの難しいサマリウムコバルト焼結磁石やネオジウムボンド磁石など、他社では難しいことは当社にお任せください。
時計メーカーとして長年の経験から、φ2mm以下の小型円筒形磁石を高精度で作ることができます。
また、造粒技術やニアネットシェイプ、プレス粉末成形・押出成形・CIP成形技術を使い、さらに精密加工仕上げにより、市販品では対応できないミクロンの寸法精度の磁石部品を生産します。
また磁場中成形装置を使い異方性焼結磁石製品を製造しています。

成形後の焼結は、温度コントロールはもとより、大気・真空・不活性ガス雰囲気などそれぞれの材料特性にあわせた最良の条件で生産を行うことで欠陥の少ない製品を生み出しています。耐腐食・耐熱性能といった特性もあるため、厳しい環境での使用にも耐えることができます。

省力化や工程の無駄取りを日々推進。お客様の満足度向上を常に考えます。

超精密成型技術によりニアネットシェイプ(完成品に近い形で成形)し、後工程での加工取り代を少なくすることで環境にもやさしく、他社よりも低価格での提供が可能です。

また、自動外観検査装置を導入することで、お客様への不具合品の流出を極限まで減らしております。

市場の製品は止まることなく小型化が進んでいます。                        得意技術である小型・高精度・円筒形を更に進化させ用途拡大で社会貢献を図ります。

シチズンファインデバイスの磁石部品は、各種モーターやスピーカー、センサーなど、それぞれの業界に求められる磁石の特性を生かし、幅広い用途に対応することが可能です。 まったく毛並みの違う分野の事業も持つため、他社にはない角度からのご提案ができます。

難易度の高い磁石部品の生産も相談次第では可能となります。

是非一度お問い合わせください。

磁石製品についてのお電話はこちら
御代田事業所 0267-31-1133 ※受付時間 8:30~17:30(土・日・祭日を除く)
磁石製品にお困りであれば一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム

サマリウムコバルト焼結磁石の特徴

サマリウムコバルト焼結磁石は高い耐腐食性、耐熱性特性を保有しており様々な場面に
活かせることが特徴です。

サマリウムコバルト焼結磁石は錆びやすい環境、高温環境下での使用に最適です。
例えば車載用や各種アクチュエータなどの工業製品まで、  多岐に渡る利用が可能です。

磁石特性一覧表

材質焼成磁石ボンド磁石
異方性等方性
磁場方向直角磁場プレス
組成Sm2Co17Nd
品番CSM-30CSM-11
Br(T)1.05~1.120.66~0.71
(KG)10~116.6~7.1
Hcj(KA/m)500~1200720~800
(KOe)6.2~15.19.0~10.0
BHmax(KJ/m3)239~25580~88
(MGOe)30~3210.0~11.0
必要着磁場(KA/m)>1600>2000
(KOe)>20>25
可逆透磁率 11.2
可逆温度計数(%/°C)-0.03-0.1
密度(g/cm3)8.35.6
熱膨張係数(/°C)8×10-61.0×10-5

磁石部品についての事例

社名:非公開  業界:時計業界

磁石部品についての悩みについて

お客様は、磁石の購入価格低減の課題と現状ベンダーの特性安定化についての改善が進まないことに悩みがありました。  また、サマリウムコバルト磁石を扱うメーカーが減少し、悩みを相談するメーカーにも巡り合うことができずにいました。

製品もしくはソリューションの内容について

当社のエンジニアも同席し、お客様の抱えている悩みを聞き取りいたしました。それによると、「磁石の欠け、割れにより 磁石体積が変化し磁力特性が下がってしまうことで不良が発生している。磁石加工の原因か外観検査での見逃しかわからないが、とにかくベンダーから流出してしまっており、改善もなかなか進まない。」という内容でした。           当社からは、「今までのお客様から加工技術について高い評価をいただいている」内容や、「自動外観検査装置を使って全数外観検査を行っており、不良の流出は極限まで抑えられること」を説明いたしました。また、長年培ってきた技術・品質の 蓄積により、多方面からのご提案が可能であることを話しました。

営業(ヒアリング)〜製造〜納品のプロセス

ディスカッションの中で信頼を得る事ができ、お客様から図面に提示を受けました。社内で試作対応検討を行い、現有金型を有効に活用し最短手番で製造を行いました。並行して販売価格の検討を実施し、試作品と同時に量産見積もりの提示も行いました。

金額感について

価格について満足していただけるものでした。初期評価も良好で、二次試作品も単手番で対応したことで更に信頼をいただけました。

納期について

お約束通りの納期で対応することができました。

お客様の声

原価低減効果も大きく、不良率低減に対してのメリットもあるので、早く導入したいとの声が上がっている事をお聞きしました。二次試作品の評価状況も良好で、量産注文をいただきました。

シチズンファインデバイスでは様々な磁石部品の生産について柔軟な対応が可能です。 まず一度お問い合わせください。

磁石製品についてのお電話はこちら
御代田事業所 0267-31-1133 ※受付時間 8:30~17:30(土・日・祭日を除く)
磁石製品にお困りであれば一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム

磁石部品についてのよくある質問

どのくらい小さいものができますか?

中心帯 ODΦ1.0mm×IDΦ0.3×t0.5mm
最小  ODΦ0.8mm×IDΦ0.2×t0.2mm
更なる小型化にも対応可能です

サマコバ焼結磁石の特性・特徴はなんでしょうか?

高い耐腐食性、耐熱性により、厳しい環境でも表面処
理なしでも使用可能です。
表面処理(メッキなど)を行う事で強度も上がり更に
可能性は広がります。

ネオジムボンドのメッキ処理はできますか?

無電解メッキが可能です。

サマコバ焼結磁石の他社に比べた優位性は何ですか?

欠けやすい材料を長年の時計メーカーとして培った 得意の脆性材加工技術を使って対応します。 競合よりも知識と経験の優位性がございます。

難易度の高い磁石部品の生産も相談次第では可能となります。

是非一度お問い合わせください。

磁石製品についてのお電話はこちら
御代田事業所 0267-31-1133 ※受付時間 8:30~17:30(土・日・祭日を除く)
磁石製品にお困りであれば一度お問い合わせください。
お問い合わせフォーム