TOP > CSR 環境・社会活動 > オオルリシジミの保護活動
シチズンファインデバイスの北御牧事業所では、長野県と九州の阿蘇にしか生息していないシジミチョウ科オオルリシジミ(絶滅危惧種Ⅰ類)の保護 活動を積極的に推進しています。オオルリシジミは東御市の天然記念物にもなっており、北御牧事業所では、 敷地内に生息環境を提供させていただいているほか、東御市「オオルリシジミを守る会」の皆さんとともに、 絶滅の危機に瀕したオオルリシジミの保護活動を行っています。

お知らせ

オオルリシジミ親子観察会および自由観察の中止について

例年、“オオルリシジミチョウの観察”に、県内外より大変多くの皆さまにお越しいただいておりますが、 今年度につきましては、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、チョウの観察を【中止】とさせていただきます。

※ 中止させていただくもの
・ 例年、5月中旬に開催される『オオルリシジミ親子観察会』
・ 5月から6月にかけ事業所敷地内で行っていただいている自由観察

以上、御理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。