TOP > CSR 環境・社会活動 > 地域社会貢献活動(地域社会に向けて)

シチズンファインデバイスは地域社会との協調・連携をはかり、信頼を構築していくことが重要であると考えています。信頼され愛される会社の確立を目指し、地域の社会貢献活動に積極的に取り組んでいきます。

 
 

「アレチウリ一掃作戦」への参加

 

工場見学の受け入れ

シチズンファインデバイスでは、当社への理解を深めて頂くための一環として、工場見学を実施しています。毎年、小学生・中学生・高校生などを中心に多くの方が来社し、工場見学を実施しています。

また、「お客様に喜んで来ていただける会社」を目指す中で、2005年から3年計画で周辺の美しい自然環境にマッチした「公園工場」の整備を進めてきました。 主な取り組みとしましては、建物施設の景観向上、老朽化した工場の跡地の緑地化、会議室と会社案内の施設を備えた接客棟の整備などを行ないました。 これからも皆様にシチズンファインデバイスの持つ様々な資産に触れ、未来に向けた「気づき」を「発見」していただく工場づくりを進めていきます。

 

献血への協力

赤十字血液センターによる会社構内での献血実施に協力

インターンシップ・職場体験学習

学生のインターンシップ、職場体験学習の受け入れ

アマチュアスポーツの支援

ボート競技への大会役員・審判員の派遣

 

東御市の「花とみどりのまちづくり」に協力しています

シチズンファインデバイスの北御牧事業所では、東御市が推進している「花とみどりのまちづくり」事業に協力し、『ふれあい花いっぱい運動』を展開しています。
毎年5月には、環境保全活動の一環として、社員のボランティア参加により事業所入り口の時計台下に花の苗などを植え、水やりや除草なども行いながら丹精をこめた花壇づくりを行っています。

 

駅伝『全佐久チーム』監督として選手をバックアップしています


長野県では、昭和27年から毎年11月に『長野県縦断駅伝競走大会』が開催され、県内を市郡地域で区分したチームが2日間にわたり計217.5キロメートル、22区間で健脚を競います。

シチズンファインデバイスでは、セラミックス部の木内範明さんが、2009年の大会後に全佐久チーム(北佐久郡・南佐久郡・小諸市・佐久市)の監督に就任し選手をバックアップしています。

チームは、学生時代から続けているメンバーを中心に、市民ランナーも含めて構成されており、地域の期待にこたえられるようがんばっています。

当社製品・技術をご要望の方は、まずお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはこちら

河口湖事業所(本社) / 代表 0555-23-1231

小型自動車部品
(燃焼圧センサを除く)
0555-23-1234
精密計測機器
自動化・省力化装置
0555-22-1141

北御牧事業所 / 代表 0268-67-1800

強誘電性液晶
ディスプレイ
0268-67-1912
燃焼圧センサ
0268-67-1808

御代田事業所 / 代表 0267-32-3232

水晶デバイス
0267-31-1111
貴石
磁石部品
腕時計用軸受石
セラミックス部品・軸受
薄膜サブマウント
サイアロン
0267-31-1133

※受付時間 8:30~17:30(土・日・祭日を除く)